SSTR2013参戦記(後編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

残り時間3時間半、最短最速コースで走り続けても間に合わないのでは? いやいや考えていても仕方がない走り出さなければゴールには着かないのだ。気を取り直して長野岐阜県境の長峰峠に向かって再スタートを切った。今回のツーリングではこの開田高原のゆるやかなアップダウンが白眉だった。朝方悩まされた雨は上がり柔らかく射しこむ日に色づきかけた樹々が映える。あと少し時間があれば言うことなしだったのに、この時ばかりは日没ゴールのSSTRルールが恨めしかった。のんびりと写真を撮りながら走るのは諦め目の前の景色を精一杯記憶するにとどめた。

SSTR2013参戦記(前編)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

雑誌培倶人で見かけたSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)という企画に参加することにした。太平洋側の任意の地点から日の出と共にスタートして石川県羽咋(はくい)市の千里浜(ちりはま)に日没までに辿り着く。道中で道の駅のスタンプを集めてそのポイントを競うというシンプルなルールだ。10月中旬の東京からだと概ね500km前後を日の出から日没までの約11時間半で走り切るというオーダーになった。参加証と共に届いたゼッケンは007。バイクに貼るといきなり競技車両っぽく見えてくるから不思議なものだ。

MotoGP 2011 セパンテスト2 3日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セパンテスト最終日、ついに2分の壁が破られた。レプソルホンダのケイシー・ストーナーとダニ・ペドロサが共に1分59秒台をマーク、3番手のシモンチェリ、4番手のドヴィツィオーゾまでホンダのワークスマシンが上位を占める結果となった。これにスピーズ、エドワーズ、ロレンソのヤマハ勢が続いた。青山は9番手、ロッシは11番手。

MotoGP 2011 セパンテスト2 2日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セパンテスト2日目はさらにタイムを縮めたレプソルホンダのケイシー・ストーナーが2'00.171でトップ。2番手にペドロサ、3番手にドヴィツィオーゾとレプソル勢の1−2−3となった。これにスピーズ、ロレンソのファクトリーヤマハ、そしてグレシーニのシモンチェリと青山が続いた。

ホンダ、ヤマハのワークス勢5台は0秒台に入れたが、2分を切ろうかというストーナーとぎりぎり0秒台のロレンソの差は0.76秒。2010と2011とどっちのシャシーも速くて迷っちゃうよーというストーナーと、2010シャシーに2011エンジンのテスト車も転がして2011シャシーは進歩してんだよね?と確認したロレンソの差はかなり大きい。ロッシは体調不良でお休み。

MotoGP 2011 セパンテスト2 1日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2度目のセパンテスト初日はレプソルホンダの1-2で始まった。2'00.987と一人0秒台に入れたケイシー・ストーナーがトップ。2番手にチームメイトのペドロサ。3番手、4番手はヤマハ勢、ファクトリーチームのロレンソとTECH3のエドワーズが続いた。さらにドヴィツィオーゾ、スピーズ、青山、シモンチェリ。ロッシはドゥカティ勢トップの9番手となった。

MotoGP 2011 セパンテスト3日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セパンテスト3日目、最終日はホンダ・グレシーニのマルコ・シモンチェリが3日間通して最速となる2'00.757を刻んでトップに立った。2番手にストーナー、3番手ロレンソ、4番手ドヴィツィオーゾまでが2分0秒台を記録。

3日間トータルではトップがシモンチェリ、2番手にペドロサ、3番手ストーナー、4番手ロレンソ、5番手ドヴィツィオーゾ、6番手スピーズ、7番手に青山博一。今年は誰が乗っても速いというホンダ理想マシンに仕上がっているように見える。

スズキはバウティスタが体調不良で走れずリタイア、代わってテストライダーの青木宣篤が走っている。2日目に63周と一人でがんばりすぎたんだよ

MotoGP 2011 セパンテスト2日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

セパンテスト2日目、ここまでで唯一人2分0秒台に入れたホンダのエース(だよね?)ダニ・ペドロサがトップ。タイムは2'00.770。2番手にストーナー、3番手にスピーズ、4番手にドヴィツィオーゾ、さらにシモンチェリ、青山、ロレンソ、バウティスタ、エドワーズまでが1秒台で続いた。ホンダ・ホンダ・ヤマハ・ホンダ・ホンダ・ホンダ・ヤマハ・スズキ・ヤマハと並べてみればホンダ好調が目に見える。これに対してドゥカティ勢は10番手のバルベラが最上位と今一つ振るわない。

スズキは4種類のシャシー、2種類のスイングアームを持ち込んでいるらしいが、バウティスタ一人でテストできるのか? ノブ兄さんもセパンに行ってるんだからもっと走ればいいのに。

MotoGP 2011 セパンテスト1日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ウィンターブレイクが終わり2011シーズンの始まりを告げるセパンテストが始まった。初日トップタイムはドゥカティから移籍したホンダのエース(だよね?)ケイシー・ストーナー。タイムは2'01.574。2番手ヤマハのエース、ホルヘ・ロレンソが2'01.977。以下、ペドロサ、シモンチェリ、スピーズ、バウティスタ、青山、ドヴィツィオーゾ、エドワーズまでが2秒台。注目のロッシ/ドゥカティは2'03.365の12番手だった。

ホンダ勢が好スタートを切ったという様相かな。ちなみにセパンのサーキットレコードは2007年にストーナーがマークした2'02.108。サーキットベストラップは2009年のロッシのポールタイム2'00.518。

富沢選手、死去

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

#48 Shoya TomizawaサンマリノGP、Moto2クラス決勝レース中の事故で富沢祥也選手が亡くなりました。右コーナーでリアが流れて転倒したところに後続のバイクが突っ込んでしまい、そのまま病院に搬送されましたが現地時間14時20分に死亡が確認されました。ご冥福をお祈りします。

8耐2010 計時予選

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2年ぶりの鈴鹿は新しいグランドスタンドとピットビルが眩しい。某所で入手したパドックパスで初めてパドック〜激感エリアに入ってみたこともあって、まったく別のサーキットに来たようだった。

日陰で35度、路面温度に至っては62度という暑い計時予選、一番時計は#11 TSRのジョナサン・レイがマークした2'08.053。TSRは秋吉耕佑も2'08.363という好タイムをマークして文句なしで計時予選トップとなった。2番手に#12 ヨシムラの酒井/青木/加賀山組、3番手に#33 Keihin Kohara Raicngの伊藤/玉田組、4番手に#634 ハルクプロの清成/中上/高橋巧組と上位は順当な結果となった。

予選20位以上のグリッドを決める土曜日のトップ10トライアルはスーパーポールに姿を変えることになった。単独走行で一発のタイムを競うのではなく限られた時間内で次第に通過台数が減っていく生き残り戦は果たしてどんな結末になるのか?