開店休業状態だけどこれは書かないわけにはいかない。今シーズンなんと初参戦の観戦会は、もちろん博一のチャンピオン獲得をみんなで見届けるためだ。なぜか事前の作戦会議に出たおかげで、あれこれと小道具を仕込んでいったが思いのほか好評でよかったよかった。

250ccクラスのレースは上位で落ち着いて走っていたはずの青山がコースアウトのトラブル。グラベルをなんとかかんとか転倒せずに乗り切ってトラックに復帰とか。順位はシモンチェリが優勝しても博一が11位以内でゴールすれば大丈夫というその11位だ。安心して見ていられるはずのレースが一気にひやひやものに。しかし、その後シモンチェリが自爆して、これで博一のチャンピオン決定。原田、加藤に次ぐ3人目のチャンピオンは250ccクラスとしては最後のチャンピオンになる。来シーズンは混走という名前のMoto2だからね。

おめでとう博一! そして観戦会のみなさま、来年もよろしくお願いします。

8耐 2009 決勝 テキスト中継(終了しました)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

今年の8耐決勝はTV観戦しながらTwitterでテキスト中継を行いました。ハッシュタグと呼ばれるキーワード(今回は #suzuka_8h )を入れてつぶやくことで話題を共有できるゆるさと速報性が魅力で非常に楽しめました。

今年はどうやってもあのワクワク感を再現できそうにないのでまとめはなしです。CoveritLiveというサービスでTwitterのつぶやきを取り込みながら中継をしていたので、下の再演をクリックするとテキスト中継を再生して見ることができます。時間ギリギリになってしまっていきなり2周目から始まっていますがまとめの代わりにどうぞ。

8耐 2009 トップ10トライアル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

4耐終了後に降り出した雨は14時半過ぎには止み、ウェットコンディションだった路面はトップ10トライアルまでには何とか乾いてきた模様。トップバッター#77 M II Rの金山和弘の2'27.906から始まり#73 プラスワンTSRの須貝義行、#99 ハニービーの関口太郎、#2 桜井ホンダの高橋巧とタイムを更新していく。その前半5チーム10名のうち7番目に走った#73 プラスワンTSRの岩田悟が2'11.169のタイムをたたき出して公式予選9番手の位置から大きくジャンプアップを果たした。#2 桜井ホンダの亀谷長純が10秒台に入れたところで前半終了。

後半は#12 ヨシムラの徳留和樹が一気に8秒台にタイムを上げる。これを#1 TSRの伊藤真一、#634 ハルクプロの山口辰也が更新して、最後に登場した真打ち#1 TSRの秋吉耕佑がただ一人となる7秒台、2'07.692をマークしてポールポジションを獲得した。

8耐 2009 公式予選

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

金曜日は公式予選。第1ライダー、第2ライダー、第3ライダーそれぞれが2回ずつ走行しての総合トップは#1 TSR 秋吉/伊藤/手島組、2番手に#634 ハルクプロ 安田/山口/小西組、3番手に#12 ヨシムラ 酒井/徳留/青木組とワークス不参加の今年3強と目されるチームが順当に上位を占めた。
4番手は#48 プロト 出口/寺本組、5番手に#5 トリックスター 井筒/武石/鶴田組、6番手に#2 桜井ホンダ 高橋/亀谷組、7番手に#99 ハニービー 野田/関口組、8番手に#32 モトマップサプライ 今野/鈴木/新庄組、9番手に#73 プラスワンTSR 岩田/須貝/渡辺組、10番手に#77 M II R 浜口/金山組。ここまでが明日のトップ10トライアルに進む。

トップのTSR秋吉と2番手のハルクプロ山口が2分7秒台をマークしているが、それぞれペアライダーとのタイム差が1秒以上ある。これに対して3番手のヨシムラはライダー3人のタイムが2分8秒台半ばで揃っている。しかし、第3ライダーの青木のタイムが一番いいというのは果たして決勝で走るのは誰になるのか?

8耐 2009 公式練習

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2009年の8耐は雨で始まってしまった。木曜日の午後から降り出した雨は公式練習前には止んだが路面はウェット。その中でトップタイムは#1 TSRの秋吉/伊藤組で秋吉が2'23.063をマーク。2番手に#12 ヨシムラの酒井/徳留組、3番手に#634 ハルクプロの山口/安田組、4番手に#20 ONISHI HEAT MAGICの大西/波多野組、5番手に#48 PLOTの出口/寺本組、6番手に#2 桜井ホンダの高橋/亀谷組が続いている。

ノブ兄さんによると改修で路面が新しくなった東コースと古いままの西コースで乾き具合に差があって非常に気を使うとのこと。雨が降ると非常にやっかいなレースになりそうな感じ。

8耐 2009 エントリーリスト(2009/7/4現在)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

MotoGPもエントリーリストを出したっきり何とか観てはいるんですがという状態。8耐は今年は諸事情で鈴鹿生観戦をお休みしてテレビ観戦予定です。あと1週間ということでおなじみ(と言っていいのか2年に一度だけど)のエントリーリストを掲載します。いや、一昨年のをベースに更新していきましたがエントリー台数減りましたね、ごっそり削除した感じ。このチームやライダーもサイトあるぞとか、間違ってるとかがあればどしどし指摘ください。

桜井ホンダのジョシュ・ブルックスがBSBでクラッシュ、親指骨折で全治1ヶ月ということらしいので代わりが誰になるのか → 高橋巧に決まりました!(7/21)

2009 MotoGP エントリーリスト

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2009年のエントリーリストが発表された。MotoGPクラスは活動休止を表明していたカワサキが新チーム、ハヤテ(疾風のことだよね)レーシングでマルコ・メランドリを走らせることでなんとか18台がグリッドに並ぶことになった。セテのところのギネア・エクアトリアルというのは赤道ギニアチームでいいのだろうか?

  • ホンダ
    • レプソル - #3 ダニ・ペドロサ/#4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
    • グレシーニ - #15 アレックス・デ・アンジェリス/#24 トニ・エリアス
    • スコット - #72 高橋裕紀
    • LCR - #14 ランディ・ド・プニエ
  • ヤマハ
    • フィアット - #46 ヴァレンティーノ・ロッシ/#99 ホルヘ・ロレンソ
    • テック3 - #5 コーリン・エドワーズ/#52 ジェイムズ・トスランド
  • スズキ - #7 クリス・ヴァーミューレン/#65 ロリス・カピロッシ
  • カワサキ(ハヤテ・レーシング) - #33 マルコ・メランドリ
  • ドゥカティ
    • マールボロ - #27 ケイシー・ストーナー/#69 ニッキー・ヘイデン
    • プラマック - #36 ミカ・カリオ/#88 ニコロ・カネパ
    • ギネア・エクアトリアル - #59 セテ・ジベルノー

カワサキ活動休止

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

zxrr1.jpg暮れに噂が流れてから10日、ついにカワサキからMotoGP休止の公式リリースが出てしまった。2002年の秋にもてぎで目にしたあの無骨なマシンが急速に洗練されて2年後には中野が表彰台に上るまでの進化を見せてくれた。ライムグリーンがサーキットから消えてしまうのは残念極まりない。市販車ベースのレースは続けるということなのでSBKだけでなく今年は8耐も何とかお願いしたい。

鈴鹿改修中

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

suzuka_renewal1.jpgsuzuka_renewal2.jpg写真は8耐の時に展示されていた鈴鹿サーキットのピットとグランドスタンドの改修イメージの模型。現在鈴鹿サーキットは来年のF1開催に向けて大改修中。ネットをうろついていたら中の人?が書いているブログを見つけてしまいました。まだまだ大工事中のようです。

2009 MotoGP 暫定エントリーリスト

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2009年の暫定エントリーリストが発表された。MotoGPクラスはケイシー・ストーナー以外のメンバーがごっそり変わったドゥカティに注目。ついにホンダを離れたニッキー・ヘイデンや5台目のドゥカティでMotoGPに復帰するセテ・ジベルノーがどこまでやってくれるか。各クラスを走る日本人ライダーはMotoGPクラスにステップアップした#72 高橋裕紀、250ccクラスはホンダから#4 青山博一と#48 富沢祥也、125ccクラスは中国メーカー、ロンシンから参戦する#71 小山知良、2008年に続いてアプリリアに乗る#73 中上貴晶の5人。

  • ホンダ
    • レプソル - #3 ダニ・ペドロサ/#4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ
    • グレシーニ - #15 アレックス・デ・アンジェリス/#24 トニ・エリアス
    • スコット - #72 高橋裕紀
    • LCR - #14 ランディ・ド・プニエ
  • ヤマハ
    • フィアット - #46 ヴァレンティーノ・ロッシ/#99 ホルヘ・ロレンソ
    • テック3 - #5 コーリン・エドワーズ/#52 ジェイムズ・トスランド
  • スズキ - #7 クリス・ヴァーミューレン/#65 ロリス・カピロッシ
  • カワサキ - #21 ジョン・ホプキンス/#33 マルコ・メランドリ
  • ドゥカティ
    • マールボロ - #27 ケイシー・ストーナー/#69 ニッキー・ヘイデン
    • プラマック - #36 ミカ・カリオ/#88 ニコロ・カネパ
    • グループ・フランシスコ・エルナンド - #59 セテ・ジベルノー