秩父初心者ツーリング (2)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

四萬部寺 空は朝からどんよりと重い。うう、雨になるのか? 夜まで保ってくれるはずだよなあ(希望)...。朝食の後、宿の目の前にある四萬部寺に参拝して二日目のスタートとなった。前の晩にあれやこれや考えたが、まあとにかく走りましょうということでR299をひたすら西進。秩父から小鹿野に出て志賀坂峠を越え、R462で帰ってくるルートをとった。

朝のまだ車の少ない中、田舎道を走る。前日と打って変わって寒い。新素材の暖かシャツを着てたら快適だったのにという程度には寒かった。Tシャツ、ダンガリーシャツに春秋用のジャケットという軽装もさすがに今日までかな。追いついてきた車をやり過ごしながら走った志賀坂峠は地図で見ると標高780m程だが、トンネルを抜けた群馬側の勾配がきつく一気に駆け下りるとそれだけで「寒い」から「やや寒」くらいに気温が変わっていた。やっぱ山の上と谷底では違うわなあ。

たどり着いたR462は神流(かんな)川沿いの景色のいい道。奇岩もあり、色づいた山々を目の端に眺めながら快適に走る。道の駅「万葉(まんば)の里」で休憩。ホットコーヒーがうまい。なんだかんだ言って体がかなり冷えてきたのだ。
「万葉の里」から次の道の駅「上州おにし」へ。ここで昼ご飯。冷えた体にしみわたるラーメンだ。このあたりからぽつぽつと雨が落ちてきた。あああ、やはり来てしまったか。今日は最後に高速デビューも控えているのだが、雨が降ってきたことで初心者Cにびびりが入っているようだ。びびっていても下道ではいつまでたっても帰れないので何とか高速に乗ることにした。花園IC手前の道の駅「花園」で最後の土産を買い、念のためにデジカメをリアバッグの中にしまい、バッグに防水カバーをかけて出発した。

高速は合流であたふたしながらも抑えめ抑えめ皆様お先にどーぞペースで走る。こっちがゆっくり過ぎると合流してくる方もびびるんだよなあ。雨はもはや本降りとなり初心者にはちとつらい状況になってしまった。こんなことなら土産だけ仕入れてまっすぐ帰るべきだっただろうか? 高坂SAで休憩、所沢ICで下道へ。往路を逆にたどりながら5時頃帰着。やっぱりカッパは持っていくべきだよ、センパイ!

本日の走行:170kmくらい

ということでGPは何も情報を仕入れておりません。まあ録画を見ながらゆっくりと最終戦を楽しみますよ。