第3戦 日本GP 予選1日目

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Round 3 Marlboro Grand Prix of Japan: Suzuka International Racing Course, Suzuka, Japan, April 7-9, 2000

500cc

2年振りに鈴鹿にグランプリが帰ってきた。天候にも恵まれた予選1日目、500ccクラスはスズキのケニー・ロバーツがいきなり2'06.679で暫定ポールを獲得。2番手のマックス・ビアッジに1秒以上の差をつけて圧倒している。ビアッジもヤマハに移籍して初めての鈴鹿で7秒台まで入れているのだが、ケニーが上だった。3番手にアプリリアのジェレミー・マクウィリアムズが入った。

ワイルドカードでΓを走らせるスズキの梁明が始めてのグランプリで4番手となった。500ccには事前テストでほんの数周しか乗っておらず、鈴鹿ラウンドが始まってから初めて走り込んだというが、7秒台は立派である。以下、5番手に岡田忠之、6番手に阿部典史、8 番手に青木宣篤、17番手に原田哲也、19番手に小西良輝。

250cc

前回のマレーシアGPではスタートしていきなりクラッシュした宇川徹が鈴鹿での雪辱に燃えている。予選1日目に唯一8秒台、2'08.872をマークして暫定ポールを獲得した。2番手には鈴鹿で2連勝中の加藤大治郎、3番手にオリヴィエ・ジャック、4番手に中野真矢、5番手に松戸直樹が並んだ。

以下ワイルドカードのライダーで6番手に大崎誠之、9番手に関口太郎、11番手に宮崎敦、15番手に嘉陽哲久、16番手に中冨伸一、22番手に酒井大作。

125cc

125ccは好調デルビの宇井陽一が暫定ポールを獲得。2番手に上田昇、3番手にジャンルイジ・スカルヴィーニ、4番手にロベルト・ロカテッリ。

ワイルドカードの藤岡祐三が5番手、東雅雄が8番手、仲城英幸9番手、上江洲克次12番手、菊池寛幸24番手、菅谷慎一25番手。