第5戦 フランスGP 決勝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ALICE GRAND PRIX DE FRANCE: Circuit Bugatti, Le Mans, France, May 19-21, 2006

MotoGP

ブガッティ・サーキット MotoGPクラスの決勝、上空は重い雲に覆われていながら日は射しているという複雑な天気。もしかして雨が降るのか? ホールショットはロリス・カピロッシ、シケインでランディ・ド・プニエが接触転倒。先頭はジョン・ホプキンス、マルコ・メランドリ、ダニ・ペドロサ、ロリス・カピロッシ、ヴァレンティーノ・ロッシ、中野真矢の順となった。

ここからロッシがぐいぐいと順位を上げて2番手に浮上、トップのホプキンスを追う。中野がジャンプスタート? ピットスルーペナルティを受けて16番手まで後退してしまった。4周目でロッシがトップに立った。ホプキンスががんばってロッシにぴったりつけている。ペドロサも追いついてトップグループは3台。少し後ろでメランドリとカピロッシの4位争い。ホプキンスのミスに乗じてペドロサが2位に浮上。あー、ホッパー、クラッシュ! もったいない。これでロッシとペドロサの一騎打ちになるが、じりじりとロッシがペドロサを引き離していく。このままちぎってしまうのか。
21周目、トップ独走中のロッシのマシンが突然ストップ。信じられない2戦連続のマシントラブルでロッシはリタイアとなってしまった。トップはペドロサ、少し離れてメランドリ、カピロッシ。メランドリが猛烈な勢いでペドロサに迫る。24周目のシケイン進入でメランドリがペドロサのインをついてトップに浮上。そのまま一気にペドロサを引き離してトップを独走する。ペドロサの後方からさらにカピロッシが迫る。ファイナルラップ、カピロッシがペドロサのインをさして2番手浮上。そのままペドロサを抑えきった。優勝はメランドリ、2位にカピロッシ、3位にペドロサ。玉田誠は7位、中野真矢は12位となった。

  1. マルコ・メランドリ/フォルトゥナ・ホンダ
  2. ロリス・カピロッシ/ドゥカティ・マールボロ・チーム
  3. ダニエル・ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム
  4. ケイシー・ストーナー/ホンダ・LCR
  5. ニッキー・ヘイデン/レプソル・ホンダ・チーム
  6. コーリン・エドワーズ/キャメル・ヤマハ・チーム
  7. 玉田誠/コニカミノルタ・ホンダ
  8. セテ・ジベルノー/ドゥカティ・マールボロ・チーム
  9. トニー・エリアス/フォルトゥナ・ホンダ
  10. クリス・ヴァーミューレン/リズラ・スズキ・MotoGP
  11. カルロス・チェカ/テック3・ヤマハ
  12. 中野真矢/カワサキ・レーシング・チーム
  13. アレックス・ホフマン/ダンティン・プラマック
  14. ジェイムズ・エリソン/テック3・ヤマハ
  15. ジョン・ホプキンス/リズラ・スズキ・MotoGP