第17戦 ヴァレンシアGP 決勝

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

GRAN PREMIO bwin.com DE LA COMUNITAT VALENCIANA: Circuit de la Comunitat Valenciana Ricardo Tormo, Valencia, Spain, October 27-29, 2006

MotoGP

ついに最終戦までもつれることになったチャンピオン争いの結末を見届けるべく、都内某所のスポーツバーに集結したGPファンは40人を超えた! 後から来た人は座れない、食べ物あまりない、という環境にもかかわらず盛り上がりましたとも! ヤマハ席とホンダ席(笑)に分かれて応援合戦の様相を呈したMotoGPクラスの決勝。スタート前にペドロサがヘイデンに握手を求めにいくシーンを見ておおーっとどよめく我々。今回は仕事しますよのペドロサ、一方のヘイデンは入れ込み過ぎか...固い、固いぞ(笑)

スタートから飛び出したのはジベルノーの代役で参戦するベイリス! ロッシは大きく出遅れて7番手。ベイリス、カピロッシ、ペドロサ、ストーナー、そしてヘイデン。ヘイデンの前をいくペドロサがここは前を譲った。2位ヘイデンと7位ロッシのまま推移すると3ポイント差でヘイデンが逆転するが、まだ序盤、これから追い上げ...と思った矢先の5周目、ロッシがまさかのスリップダウン! 再スタートを切ったが最後尾の20位に落ちてしまった。これでヘイデンは楽になった。ロッシはイルモアのマッコイとテック3のエリソンを抜き、前を走るライダーの転倒もあって13位までポジションを戻したが追い上げもここまで。優勝はベイリス、2位にカピロッシ、ヘイデンは3位キープでフィニッシュし5ポイント差でロッシを再逆転して990cc最後のMotoGPチャンピオンを獲得した。全17戦の結果とはいえ、振り返ってみれば前回エストリルでエリアスに0.002秒差でかわされて失った5ポイントがここで利いてきたのだ。もしあの時ロッシが逃げ切っていれば...いや、たらればはやめよう。2006シーズンMotoGPクラスのチャンピオンはニッキー・ヘイデンだ。おめでとう、ニッキー。

そして、最終戦を一緒に観戦したみなさまお疲れさまでした。このサイトを見に来てくれた方々もどうもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。