マールボログランプリ・ジャパン・プレビュー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

さて、いよいよ今週末に迫った日本GPの内容を若干の期待を込めて予想してみたいと思います。

500cc

まずはミック・ドゥーハン。マレーシアでトラブったがインドネシアできっちり勝ってみせるあたりは、やはり実力No.1。これに絡んでくるのが今期絶好調のバロス、アーブとのコンビを復活させたカダローラ、そしてそして今500で最も注目されている男、岡田忠之。結果的にはマレーシア、インドネシアともにリタイアに終わったが、NSR500Vのポテンシャルは想像以上のインパクトがあった。鈴鹿でも完走できれば表彰台に登るのはそう難しくはないだろう。ダークホースとしてスズキの2台、ラッセルと藤原克昭。ラッセルは鈴鹿得意そうだし、藤原はテストでちょこっと乗っただけでけっこうタイムを出しているのでドライなら面白そう。
期待をこめた順位予想は1位岡田、2位ミック、3位藤原

250cc

ずばり、ヤマハの原田哲也、アプリリアのビアッジの一騎打ち。それもマシントラブルさえなければ原田がビアッジを押さえきって優勝とみる。その後方でワルドマン、青木宣篤、宇川徹らNSR勢の3位争いという展開。このあたりに全日本チャンピオン沼田憲保のRGV-Γが絡んでくると面白い。
予想は1位原田、2位ビアッジ、3位宣篤

125cc

こちらも絶好調のアプリリアに乗る徳留真紀に、マシンで劣る青木治親が追いつけるか。3位以下は予想がきわめて難しいが、アルサモラ、ペルジーニ、エッテルあたりがくるか。あと怪我の坂田、復活なるかってところが興味。またあのぞくぞくするような走りが見たい。
予想は1位治親、2位徳留、3位上田昇と日本勢の表彰台独占